拘り抜いた家に住みたいなら高級注文住宅に決まり

30坪の敷地向けのプラン

内観

大阪で住まいを新築する場合には30坪の敷地が一般的であり、子育てや家事が効率的に行える注文住宅を選ぶケースが多いです。ローコスト住宅を活用したり、永住可能な鉄筋コンクリート住宅を選ぶのが、建築や維持管理のコストを減らすための基本です。

読んでみよう

魅力的なエリアで建てよう

説明

大東市は大阪市に程近く、路線ネットワークも便利ですし、一戸建てを考える際には利点が多数あります。工務店やハウスメーカーなど多くの選択肢があるので、希望に沿った一戸建てを考えやすいでしょう。まずは、情報をしっかり集めて、相談できる相手を探していきましょう。

読んでみよう

分譲の住宅のメリット

戸建て

浜松には多くの分譲住宅が建設されていますが、都市型のコンパクトなものとは異なり、敷地にも余裕があるのが特徴的です。暮らしやすさにこだわった物件も多く、大型のショッピングモールなどが併設されるようなものも見られます。

読んでみよう

住みたい住宅を建てる

一軒家

こだわり抜いた住宅

自分のこだわりの家が建てられるとして注目されている注文住宅の中でも、特にこだわりを追求した設計のものを高級注文住宅と呼びます。明確な定義はありませんが、自然素材にこだわったり、広い敷地を活かした設計など、予算を度外視したものを指します。予算を気にしなければ間取りの規模も増えて内装のプランも自由に設計することができるのでこだわり抜いた立派な住宅を建てることが可能です。高級注文住宅を手掛ける建築会社は多数あるため、どの会社に依頼するか検討する際には、建築会社ごとの特色に注目しましょう。また、フィーリングが合う高級注文住宅を持っている知人や友人の紹介で、建築会社を教えてもらうというのも一つの手です。

どこに頼むべきか

注文住宅の発注は大手ハウスメーカーや工務店、設計事務所といった風にいくつもの選択肢がありますが、高級注文住宅を建てるためにこだわりたいというのであれば、設計事務所を利用するのがお勧めです。大手ハウスメーカーや工務店にも設計士はいますし、ある程度の融通はききますが、既存のデザインや設備を流用して仕様が決定しているところもあるので、要望を聞き入れてもらえないこともあります。しかし、設計事務所は最初から最後まで施工主の要望に添って設計するという思想があり、法令や予算以外の制約がかからないため完全な自由設計が可能となっています。法令さえ守ればいかなる工法や仕様も選択できるので、自分が思い描いた高級注文住宅を建てるように配慮してくれるはずです。